ECナビのポイントの貯め方と攻略法(2020年版)

ECナビ会員登録ECナビ

ECナビは、10年以上の長い運営実績のある老舗ポイントサイトです。

毎日のクリックやゲーム、アンケートで複合的に稼ぐことができます。

他のポイントサイトが取り扱わないAmazonでのショッピングで間接的にポイントが貯まったり、毎月買物をするとボーナスがもらえる等のお得なキャンペーンが多いのが特徴です。

これまでの実績と運営元の信頼度を考慮するとトップクラスの安定性と安全度と言えます。

毎日貯まるポイントサイト ECナビ
交換レート1ポイント=0.1円
最低交換額300円~Amazonギフト券、Pex
換金方法PeX他、
換金手数料Pex:無料
Amazonギフト券、iTunesコード:100円
運営会社株式会社VOYAGE GROUP
2007年~
会員数600万人
コンテンツ毎日クリック・アンケート・ゲーム等
ポイント有効期限最後のポイント獲得から12か月以降3ヶ月ごとに失効
安全性S プライバシーマーク〇 SMS認証〇
JIPC〇 運営元◎
年齢制限6歳未満:利用不可
16歳未満:保護者の同意が必要

ECナビの特徴とメリット

毎日のポイントが貯まるコンテンツが多く、アンケートでも稼げて300円から換金できるので初心者にもとっつきやすく換金しやすいです。

運営会社

運営元である株式会社VOYAGE GROUPは東証一部に上場しています。
ECナビとリサーチパネル以外にもギフピーなどを運営しています。

創業
1999年10月8日
設立
2018年10月31日(株式会社サイバー・コミュニケーションズとの経営統合における持株会社体制への移行に伴い設立)
資本金
10百万円
従業員数
336人 (2018年9月末時点)

アンケート+ポイントのWで稼げる

ECナビ最大の特徴は何と言っても系列のアンケートサイトのリサーチパネルリサーチパネルとポイントが合算できる点です。

別々にポイントサイトとアンケートサイトに登録してもなかなかポイントは貯まりませんが、両方でポイントが貯まり、3,000ポイント(300円)からポイント交換できるので換金のハードルが低く初心者にもおすすめです。

会員ランク制度

ECナビ会員ランク制度

過去6ヵ月間の対象ポイントの獲得数とお買い物承認の回数によって会員ランクが決まります。

系列のアンケートサイト、リサーチパネルのアンケートのポイントも含めてほとんど全てのコンテンツでポイント額がアップします。

特に大きいのが、ショッピングでのポイントがゴールド会員になると15%増になる点です。

アプリダウンロードなどの案件をそれなりにこなしていればシルバー会員までには簡単になれます。

ゴールド会員になる条件

  • お買い物承認回数:15回以上
  • 対象ポイント獲得数:3,000pt以上(300円分)

定番の楽天とYahoo!ショッピングは他サイトに比べて料率が低めなので私は申し込みません。

狙い目はポイントが付かないものの会員ランクの対象となるAmazonと他サイトに比べて料率が高いビックカメラ.comです。

他ポイントサイトよりお得な案件

  • Amazon(会員ランクの対象)
  • ビックカメラ.com 2.7%

ポイントの貯まるコンテンツは多い

毎日の訪問やメールクリックで貯まるコンテンツのポイントは他のポイントサイトに比べて多めです。
しかしその大半は0.1円刻みの少額ポイントなので効率はあまり良くありません。

裏を返すと毎日コツコツと続ければ確実にポイントの貯まるポイントサイトと言えます。

稼げるコンテンツ

ポイントジャンボ宝くじ(月1回)

毎月のコンテンツ利用で発券した宝くじで抽選で高額のポイントをゲット!

  • 1等 150,000pt(前後賞 30,000pt)
  • 2等 80,000pt
  • 3等 5,000pt
  • 4等 1,000pt
  • 5等 200pt
  • 6等 50pt

たぬきでドロン・きつねでドロン

各バナークリックで1ポイントゲット!

検索募金

検索募金

1日に2回検索すると、ECナビがあなたに代わって1ポイントを募金団体へ寄付します。
お礼としてECナビから1ポイントをプレゼント!

ひっぱれ!ポイント畑

ひっぱれ!ポイント畑

UFOキャッチャーのようなアームを前後左右に動かして野菜をキャッチすると野菜の種類により1~100ポイントゲット!

コツをつかむまでは結構大変かも知れませんが、つかんだら安定して稼げます。

アプリ版

アプリ独自のポイントコンテンツはなく魅力に乏しいです。

わざわざインストールして利用するメリットは感じないのでウェブ版で充分でしょう。

ECナビ公式サイト

会員登録キャンペーン

コメント